ご成婚カップルインタビュー

私の返事を待たずに休会!?アグレッシブだけど誠実なアプローチが結婚への決め手になりました

男性・INさん(41歳)女性・SRさん(36歳)

行動は武将のようにアグレッシブ、でも内面は誠実で優しい男性INさんにいつしか自分も真剣に向き合うようになっていたという女性SRさん。お見合いから3か月を経てご成婚されたお二人に交際中のエピソードや結婚に至った決め手、入会を迷われている方へのメッセージなどをお聞きしました。

クラブオーツーを選んだ理由は?

INさん:インターネットで結婚相談所を検索して、実際に何社か話を聞きに行ってみたんです。こちらはどこの相談所よりもしっかりと話を聞いてくれて僕の思いを的確に感じ取ってくださったので入会を決めました。

SRさん:私もまずはネットで調べました。プライムマリッジさんは顧客満足度が高いと評判でしたので注目していましたが、いわゆるコンピューターマッチングではなく、コーディネーターさんがそれぞれの人となりを見てお相手候補を選んでくれるというところがいちばんの決め手になりましたね。

お互いの第一印象は?

INさん笑顔が素敵だなと思いました。会って3秒で直感的なものを感じましたね。男はわりと見た目の印象を大事にしますから。

SRさん:女性の場合はそういう感覚はあまりないかもしれませんね。でも、話し方や雰囲気から優しそうな方だという印象を受けました。

最初のデートはどこに行かれましたか?

INさん:彼女が試験を受けるために勉強中だと聞いたので、スタバのようなカフェで一緒に勉強したのが今思えば初デートでした。

SRさん:本当に勉強道具を持っていって良いものなのか迷ったんですけど、彼が「持っておいで」と言ってくれたので。

INさん:彼女が何に対していま夢中になっているのか知りたかったのかも。そういう真剣な姿に魅力を感じるというのもありますし、これから生活を共にしていくかもしれない相手ならなおさらですね。

SRさん:「試験までどうスケジューリングをしてる?」みたいなことを聞かれて、とくに何も考えていなかったので、効率の良い勉強方法を教えてもらいました。そんな質問されるとはまったく思っていなかったので意外性を感じたのを覚えています。

交際期間中に印象に残ったエピソードはありますか?

SRさん:交際期間は3か月くらいなので大きなエピソードはないですけど、彼は私の絵をよく描いてくれましたね。

INさん:彼女の絵を描いて写真に撮り、LINEで送るというのを日課にしていたんです。

SRさん:それもただの似顔絵じゃなくて、鳥になった私とかカメになった私とか。

INさん:「うどんになった私」とか?うどんでグルグル巻きにして(笑)。

SRさん楽しめました(笑)。

結婚を決めるに至ったきっかけや決め手を教えてください

INさん:僕はもう彼女一筋と決めていたので、彼女を口説くためにけっこうまめに電話をしました。女性のほうからはなかなか踏み出せないだろうから、男の僕が積極的に誘うべきだと思いましたので。

SRさん:こちらの都合の良い時間を選んでかけてくれたのが良かったです。私はシフト勤務なので帰宅時間が日によって違うんですけど、電話が取れる時間帯や面倒に感じないタイミング必ず事前に確認してくれました。
頻繁に電話をくれても取れない時間ばかりだったら、結局話せずじまいで疎遠になっていたかもしれませんよね。
夜中の3時まで待っていてくれたこともあるんですよ。

INさん:次の日は眠い目をこすりながら…(笑)。積極的に誘うといってもむやみやたらにではダメですよね。相手のことを正確に知っていくなかで徐々に距離を縮めていくことを心がけました。
こういったサービスではいろんな方を紹介してくれますけど、まだ選択肢があるなんて考えているといつまでたっても決まらないこの人だと決めたら突っ走るくらいが僕はいいと思います。「私以外にもお付き合いしている人がいるかもしれない」と感じたら、女性のほうも本気で向き合えないでしょうし。

SRさん:確かにそれはあるかもしれません。私が彼との交際期間に入るのを迷っているときに、彼のほうが休会しちゃったんです。他の人はもう見ないという感じで。

INさん保険をかけたりするのは嫌なんですよ。自分の後ろの橋は焼き払うみたいなやり方がきっと性に合ってるんですね(笑)。

SRさん私の返事を待たずに休会しちゃうんだ!って驚きましたし、正直なところ多少のプレッシャーは感じましたけど、それが決め手になったというのはあるかもしれません。こちらとしても真剣に向き合うようになりますから。
アグレッシブなアプローチでも優しさや思いやりがベースにはありましたし、私を大切にしてくれているという安心感が一緒にいて感じられたので、結婚を決めるのにそれ以上の理由はないんじゃないかなと思いました。

INさん誠実でありながら、アグレッシブであれ!ってことですね(笑)。

プライムマリッジを利用するメリットとは?

INさん:仕事をしていると出会いはほとんどないですからね。とくに僕の場合、仕事と恋愛には完全に境界線を引いてしまうので、結婚につながる出会いなんて皆無です。それに、仕事の業種が違う為彼女とは、ここでなければ絶対に出会えませんでしたね。

SRさん:確かに、日常生活では出会えないような方と出会えるというのはメリットですね。それに、コーディネーターの方の存在も大きいです。

INさん:コーディネーターさんには結婚に対する心構えやメンタルの整え方などをアドバイスしていただいて、さすがプロフェッショナルだなと感じましたし、おかげで気持ち良く活動することができましたね。

SRさん年齢を重ねていくといろいろと考えてしまって、自分の判断力に自信がなくなってしまうことがあるんです。そんな風に自分の考えが定まらなくなっていた時期に、「この人のために何かしてあげたいと思えるか思えないかがとても大事だから、そのことを思い描ける相手かどうかをシンプルに考えてみてはどうですか」とアドバイスいただいたことがとても印象に残っています。コーディネーターさんのその言葉で頭の中がスッキリしました。
他にメリットとしては、自分でゼロから探すわけではなく、コーディネーターさんが私に合いそうな方を紹介してくださるというベースの違いがあります。自分の好みの決めつけや思い込みがなくなることで変わってくる部分はありますよね。

入会を迷われている方にメッセージを

INさん男性は仕事に生きるところが大きいので、こういった婚活は自分の生活の余白部分で行うという考え方をする人がいるかもしれないけれど、敢えて仕事の一環と捉えてみてはどうでしょうか。仕事だと納期を決めて必ず成功させるために頑張りますよね。
僕の愛読書である「孫子の兵法」という中国の武将の兵法書にもありますけど、戦(いくさ)っていうのは早めに終わらせないと大ダメージを受けてしまいます。長ければ長いほど消耗してしまうわけです。
仕事や結婚も同じだと思いますので、スケジュールを決めて早めに動いていくことをお勧めします。「拙速(せっそく)は巧遅(こうち)に勝る」…つまり拙くても速いほうが、遅くて完璧より強いというのが僕の信条です。

SRさん:なかなかご縁がないという方はたくさんいらっしゃると思いますが、若いうちから結婚願望があるなら早いタイミングで入会されたほうが視野も広がると思います。
街コンとか友達の紹介とか出会いの場はいろいろあるとは思いますけど、自分で探す婚活だけに頼り切らずに、こういったサービスも利用することで活動範囲を広げていくというのもありだと思いますよ。それこそアグレッシブ過ぎますけど(笑)。

INさん素敵な女性と親身になってくれるコーディネーターさんが待っているので、ぜひ飛び込んでほしいです。リスクとリターンは対になっているものだからリスクを恐れずに、そうすればきっとリターンがあります!

ご成婚カップルの喜びの声 TOPページ